たぬきのためふんば

ためになるか分からないことを書き綴っています。

『コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった』感想

 『コンテナ物語』を読みました。

 ビル・ゲイツが紹介したことで有名になった本ですが、読んでいない方も多いかもしれません。

 なんせ「コンテナ」というワードに惹かれない。そのうえ、紙だと450Pもある大作のようです(ページ数を意識せずに済むのが電子の良いところです)。

 しかし、この本を読むと、以下の2つに関してヒントを得ることができます。

  • 現代のグローバル社会はどのようにして生まれたのか?
  • イノベーションはどのような形で生まれ、浸透していくのか?

 この点を明らかにするために、以下のような構成でまとめていきたいと思います。

続きを読む

肉を超えるスーパーフードの話

今週のお題「肉」

 

 肉より豆腐を食べようと私は主張したいです。

 私が想像するに、平均的な食卓は、だいたい夕飯が一番豪華で、そこには必ず肉あるいは魚が中心に置かれています。

 少なくとも、つい最近までの私はそうでした。主菜といえば、肉か魚だろうと。麺類の時を除けば、それらのない食事など考えられませんでした。

 しかし、気付いたのです。

 肉の代わりに豆腐を据えればええやんええやんシュ~シュ~シュ~シュ~だと。

 というわけで、今日は豆腐を主菜に据えるメリットをお伝えしていきたいと思います。

圧倒的に安い!

 肉だとグラム100円前後ならまあまあ安めです。タイ産鶏肉だと50円くらいですが、国産鶏肉や豚肉でグラム70円とかはめったにない。少なくとも私の地元では!

 しかし、豆腐ならどうでしょうか?

 300グラムで30円ぐらいとかざらにあります。

 めっちゃ安い。圧倒的に安い。それが豆腐。

調理がめっちゃ楽!

 肉は基本的に生で食べることはできません。イコール調理をせねばなりません。

 しかし、豆腐ならどうでしょうか?

 豆腐は生のまま食べられます。イコール調理は不要。

 パックから出して、醤油をかける。これで終わり。

 楽だし、速い。

 冷凍食品どころの話ではありません。

 すごい。これはお食事界の産業革命と言っても過言ではありません。

 野菜も生でいけば、フライパン洗いだとかの作業もなくなります。

消費期限がわりと長め

 肉の消費期限は短いです。たいてい二、三日のうちに食べろという設定になっています。

 しかし、豆腐ならどうでしょうか?

 買った日から一週間くらいは持ちます。

 コロナ禍で外出を控えたい昨今です。しかし、食料の買い出しには出ざるをえません。が、なるべくその頻度はやはり減らしたいものです。

 豆腐を主菜に取り入れれば、週に一回の買い物でも消費期限をすぎた物を食べずにすむ。

 対コロナウイルス決戦兵器、それが豆腐なのかもしれません。

まとめ

 まとめると、

  • 豆腐は安い!
  • 豆腐は簡単!
  • 豆腐は長持ち!

ということです。

 いかがでしょうか。畑の肉の凄さが少しは分かっていただけたでしょうか。

 とはいえ健康的なことは分からないので、ドラスティックな豆腐への移行を図る際には注意したほうが良いかもしれません。

副反応が出たよ~Vaccinated Baby~

 昨日はワクチンを打ってきました。

weatheredwithyou.hatenablog.com

 心配していた副反応でしたが、無事にありました。

 注射を打った左腕の痛み(寝返りを打って下になると痛い)に何度も目覚めた夜が明け、朝になってみるとまあ腕が痛い。ほのかに体調も悪い気がするけど、今日中に片付けねばならない仕事があったので出勤しました。が、職場に出てからどんどん体調が悪くなってきたので早退しました。

 具体的な症状は、まず胸焼けのような不快感が挙げられます。吐き気の一歩手前くらいの感覚。それから倦怠感。少し息苦しさも感じます。家に帰ってからは頭も痛くなってきました。

 これが喜びよりも心地よい痛みってやつでしょうか?ずっしりと響きますわああぁぁ~~~~~~~。

~♪

左肩を掴まれて強烈なワクチンを食らってよろけて

肩をかばいうずくまった

予報通りの副反応にお前はにやけて

「免疫がそのぶん付く」なんて嘘をつく


www.youtube.com

 まだ一回目だというのにこんなんです。二回目はさらに重くなるのか? 乞うご期待。

ワクチンを打ってきたよ

 日本の人口の半分が二回目接種を終えているという報道が先日なされたというにも関わらず、いまだに一回目接種ができていないどころか予約の目処すら立っていないことに置いてけぼり感を覚えていた私ですが……ようやく新型コロナヴァイルスのヴァクシーンを打つことができました! ワーイワーイ!

 もはや希少性のかけらもないこの体験記に何の意味がありましょうか。でも逆に問いたい。意味があることに意味なんてあるんですか?と。意味なんて考えなくていい。私はそう言いたい。

 まず注射の痛みですが、刺された瞬間に微妙な痛みはあったものの、そこから先は針が体内に入っているという感覚さえありませんでした。これが筋肉注射かー。というか打つ前から打ち終わるまでの間、お医者さんがずっと話しかけてきていたので、針を気にする暇がありませんでした。病院の気遣いだったのでしょうか?

 接種後15分以内のアナフィラキシーショックですが、私はありませんでした。まあ普通に考えてあるはずがありません。だって、アナフィラキシーショックが発生する確率は100万分の24なんだから!(新型コロナワクチンの副反応疑い報告について|厚生労働省)宝くじで100万円が当たるくらい低い確率です。(ちなみに、メーカーはファイザーでした。バイオンテックの株主である私の推しメンはやはりファイザー製でしたので、ちょっと得した気分でした。)

 しかしですね、副反応はその15分の間に出ていた気がします。というのも、注射した方の腕にほのかなしびれを感じていたのです。とはいえ、その時点では「もしかしたらこれは思い込みかもしれない」と思えるくらいにかすかな感覚でした。

 そして、接種から6時間が経過した現在、明確に針を刺された部位が痛いです。まあ痛みといっても、筋肉痛っぽいやつです。痛みというよりは重みに近いというか。筋肉のこわばりに逆らうと痛いみたいな。そんな感じ。なので辛いかというと全然そんなことはありません。しかし、一日経ってから発生することが多いというイメージだったので、想定以上のスピード感ではあります。

 これは明日、仕事に行けるのでしょうか? 願わくば私生活には支障を来さないけれども仕事はしてらんない程度の辛さで休めんことを。ではまた。

iPadどちらを買うべきか問題

 こんばんは。

 昨夜、Appleの製品発表会がありまして、そこでiPhoneApple WatchiPadiPad miniのニューモデルが発表されたようです。

 私は昨年iPhone12とApple Watchを買ったので、これらについてはアウトオブ眼中です。

 問題は、iPadです。私めが所持しているはiPad mini4です。Wikipediaによると、2015年に発売されたようなので、今年で6年目のようです。

 これを買い換えるのか?

 買い換えるとしたらどれを買うのか?

 考察していきます。

買い換えるべきか否か?

現状に不満はあるのか?

 まあ、現状に不満はあるのかといえば、ありません。

 電池がヘタってきたというのもそんなに感じないし、どこかが壊れているわけでもありません。強いて言えば、Kindleの挙動が遅すぎるというのはあるのですが、これはKindleで本をダウンロードしすぎなのかもしれず、ハードの問題なのかは分かりません。

 というわけで、そもそも買い換える必要があるのか?というところから検討を要します。

買い替えた方が得か否か

 まず、私のiPad mini4ですが、たしか1000円×36回で購入したような記憶があります。36,000円ですね。

 これを6で割ると年間6,000円のコストでiPad miniを使用していたということになります。

 iPad miniは2年おきにニューモデルが登場するようなので、もしこれをあと二年使い続けるとすると、年間コストが4,000円になると考えることができます。

 つまり、買い替えを2年先延ばしにすると8,000円の得になるということになります。(本当にこの計算で合っているかには若干の不安があります。)

 しかし、世の中には下取りというものがあるのですね。iPadを購入する際に、今所有しているiPadAppleに送りつけるとお金がキャッシュバックされるというあれです。

 Appleのサイトで購入画面に行って、情報を入力してみたところ、iPad mini4は16,000円のキャッシュバックがあるようです。

 つまり、2年後の下取り価格が8,000円を超えるなら買い換えない方が得。下回るなら買い替えた方が得。ということになります。

 なので、問題は2年後のiPad mini4の下取り価格がいくらなのか?ということになります。とはいえ、それは誰にも分かりません。iPad mini3の下取り価格から推測することができそうですが、アップルのサイトからは分かりません。ネットのどこかには情報が落ちているかもしれませんが、これを調べるのは少しめんどくさそうです。

 とはいえ、下取り価格が下がるのは確実な気がします。ということは、損は最大でも8,000円ということになり、その程度の金額であれば新しい製品を買ってウキウキ気分になることの方がメリットが大きいのでは?という結論に至ることができそうです。

iPadiPad miniどちらを買うべきか?

 問題はこちらです。

まず、自分のiPadの使用場面は?

 自分に適したiPadはどちらなのかを考えるには、自分がiPadをどのように使用しているかを考える必要があります。

 私のiPadの用途は以下の2つに限られるといっても過言ではありません。

  • You Tubeを見る
  • 読書をする(主に漫画)

 他の用途に使うことはほぼありません。ネットサーフィンをするなら、PCでします。

 ついでにいえば、外で使うことはありません。

iPad mini6のアピールポイント

 して、今回iPad miniがなんか良い感じという風潮になっていますが、何が凄いのかポイントをまとめてみましょう。

  1. サイズそのままで画面が大きくなった
  2. なんかチップがすごいっぽい
  3. 5G対応っぽい
  4. Apple Pencil2ってやつに対応しているらしい
  5. タッチID
  6. USB-C
  7. なんかカメラがすごいっぽい

 なんかこんな感じっぽいです。

 まず1番。これは魅力的です。2番もなんか凄いというのはなんか魅力的ですね。4番もなんか良い感じのデバイスに対応しているというのは謎の魅力を感じます。

 しかしですね、他の点に関してはどうかというと、はっきり言って私には不要です。5G入るエリアに住んでねーし。一人暮らしの家の中でしか使わないんだからタッチIDなんかあろうがなかろうが関係ねーし。USB-Cといいますけども、現状Apple WatchiPhoneも磁石のやつで充電しているので、LightningさんだろうがUSB-Cだろうがコンセント付け替えなければならないことにかんしては変わらんわけです。カメラも取りません。

 まあ要するに今回の目玉機能は私にとって無用の長物というわけです。

iPadとiPad mini6の比較

 じゃあ新iPad&手持ちのiPad miniと比較してどうなのかという話です。

画面サイズ

 画面サイズは大きくなっていますが、さすがにiPadに軍配が上がります。1.9インチもの差があります。1.9インチがどのくらいの長さかと言うとブルース・リーのパンチ1.9個分です。

チップ

 私のiPad miniがA8であるところ、iPad mini6はA15です。すごい。なんかよくわかんないけどほぼ2倍になっている!

 しかし、iPadでもA13。A8からしたら進化してるっぽい雰囲気を醸し出している点においては変わりありません。

(……それにしても、いったい何がどれくらい変わるんだろうか?)

ペンシル

 iPad mini6はApple Pencil2に対応しているけど、iPadApple Pencil1にしか対応していないみたいです。そして、私が持っているやつはどっちにも対応していません。というわけで、そもそもペンシルが必要なのかどうかすら私には分かりません。

 2の方はマグネットでiPadにくっつくのと無線充電ができるのとタップでツールが切り替えられるあたりが強みっぽいですが、その分価格が4,000円もお高くなるようです。

 Apple Pencilとやらがどんなもんか試すのはよいですが、あえて2にこだわる必要はないかなという気がします。

重さ

 地味に重要項目なのが重量。以下の通りです。

 重いのが嫌で、裸でminiを使っている私からすると、200㌘の差はでかい! でかいがしかし!?

お値段

 ぶっちゃけ重さのことを考えればiPad mini一択です。しかし、悩ましいのが最重要項目のお値段。

 なんと2万円の差です。これはでかい!

 iPadはグラム8172円なのに対し、iPad miniはグラム24009円です。これが肉だったらiPadの方がはるかに得ですね!

結論

 結論は……出ません!

 iPadの方に気持ちが揺れているのは間違いありませんが、重みがなあ~! 私は歯を磨きながら本を読むことが多いので、片手で持てるってけっこう大事なのですよね~。そして、iPadのサイズだと片手で読めない自信があるのです。

 とはいえ、実際にどうかは分かりませんから、試しにiPadを買ってみてもいいかもしれないなあという気もします。でも、それで失敗すると数年間の我慢を強いられるんだよなあと考えるとなかなか踏ん切りがつかないですねえ。

人はなぜタイムリープするのか

 タイムトラベル、タイムリープってのはフィクションにおいて一つのジャンルを築いていると思うんですけれども、何が良いのだろうかということを考えてみました。

 

 まず、ストーリーの構造に着目してみました。

 タイムリープ(過去に戻れる系)の話は、以下を動機として展開します。

  • 最悪の未来を回避する

 たとえば、『魔法少女まどかマギカ』、『シュタインズゲート』、『東京卍リベンジャーズ』、『ドラえもん』、『君の名は』、『ひぐらしのなく頃に』なんかはもろにこれですね。『時をかける少女』は元祖なんだけれども、実は一番ひねりが効いているかも。

 

 逆に、タイムリープしない物語の展開というのは、以下のいずれかになると思われます。

  1. 最悪の現状を変える。
  2. 最悪の未来が予想されるため回避する。

 たとえば、『千と千尋の神隠し』は「両親が豚になってしまった」という現状を変えることを動機として物語が動きます。『もののけ姫』、『天空の城ラピュタ』、『崖の上のポニョ』、『紅の豚』もこれですね。

 『魔女の宅急便』は「トンボが死んでしまう」という最悪の未来を回避することがクライマックスになる構成です。『風の谷のナウシカ』もこれです。

 とはいえ、最悪な状況がすでに実現しているのかまだ実現していないのかというだけで、1と2はほぼ同じです。

 ちなみに、これに該当しないストーリー展開は多々あるとは思いますが、ドラマチックな激しい展開の場合はほぼ上に該当するのではないかと予想します(そんなに念入りに検討してはいません)。

 

 ということはですよ、実はタイムリープものであろうがなかろうが、最悪の未来を回避しようというスタンスは同じなわけです。物語の本質的構造は変わらんのです。

 となると、タイムリープものの本質は、未来が分かっていることにあるのではないということになります。もちろん、一度悲劇を描いてみせることでより悲壮感などを際立たせるという側面は否めないにせよ、それはスパイス程度のものにすぎないのではないかと考えます。

 では、タイムリープものの本質とは何なのか?ということを考えると、これはタイムリーパーの孤独なのではないでしょうか。自分だけが未来を知っていて、周囲は悲劇的な未来が来るとは思っていないというこのギャップが生み出す孤独。これこそがタイムリープものの本質ではないかと。もちろん、孤独と対比されるのは絆ですから、孤独を描くことは絆を描くことと表裏一体です。

 上に挙げた映画や漫画を見る限り、『ドラえもん』以外は全て孤独がけっこう重要なファクターであるように思います。『ドラえもん』をタイムリープものだと捉える人はほぼいないわけであることを考えると、なおさらそういえるのではないかという気がします。

 

 だからなんやねんと言われると、なんなんでしょうねえとしか言えません。

 人はみな孤独です。母親の胎内から生まれようが、家族に看取られようが、一人で生まれて一人で死んでいくのです。そういう存在であるがゆえに、タイムリープものに共感する人が続出するのかもしれません。

においのことオイニーって言うな

困った。

ネタがない。

そういえば、ネタってどういう意味なんだろう?

と思い、「ネタ 語源」で調べてみました。

ネタとは種を逆さにしたところから生まれた言葉のようです。

つまり、銀座のことをザギンと言っているような感じです。

寿司のことをシースーと言っているような感じです。

そうか、ジャルジャルの「ネタのタネ」は「シースーの寿司」みたいな言い回しだったのかー。

しかし、シースーと言いますとひどく俗っぽい感じがします。

はっきり言って、寿司を馬鹿にしているような空気さえ感じます。

が、肝心の寿司職人がネタと言う倒語を使っているわけです。

そう考えますと、シースーはむしろ寿司職人に対するリスペクトが込められた言葉なのかもしれません。

それはそれとして、シースーと寿司は我々の中でイコールで繋がっている言葉です。

一方で、ネタはもはや種とは切り離されつつある言葉といってもよいのではないでしょうか。

そして、このような言葉は他にはそうないと思われます。

植物の種子が芽を出し花を咲かせるプロセスに我々人間がどれほど想像力を掻き立てられるのかということを示唆しているように感じられます。

話がまとまっていない気もしますが、今日はこんなところで。